大学生おすすめアルバイト

【学生必見】みんなやってる?将来につながるスキルが身につくアルバイト5選

大学生になるとアルバイトを始める人が多いと思います。

アルバイトの選び方は人それぞれですが、せっかく時間を使ってアルバイトを始めるなら、将来役に立つアルバイトをしたいと思う人が多いのではないでしょか?

コロナ禍でシフトで入る時間が減ったり、アルバイト先がなくなってしまった人もいるかと思います。

そんな中で、新しくアルバイトを始める人や、今のアルバイトよりいいアルバイトを探してませんか?

今回は、

『大学生におすすめのスキルが身につくアルバイト』を紹介します!

大学生のアルバイト事情

大学生になるとアルバイトをしている人の割合が多くなります。

日本学生支援機構のデータによると大学生の86.1%がアルバイトをしているという結果が出ています。

さらに、アルバイトをしている昼間部の大学生の中では1週間に平均「11~20時間」働いている人の割合が最も多くなっています。

(出典:独立行政法人 日本学生支援機構『平成30年度学生生活調査』)

大学生のアルバイトの経験は社会人になってからとても役に立ちます。

せっかくアルバイトをするのであれば今のうちから将来役に立つスキルを身につけて他の学生と差をつけれるよなアルバイトをしたい!と思う人も多いでしょう。

では、スキルがつけばどのようなメリットがあるのでしょうか?

スキルアップするアルバイトの3つメリット

スキルアップができるバイトをすることで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

大学生のアルバイトは時給制のものが多いので「自分の時間をお金に変えている」という感覚を持つ人もいるかもしれません。

せっかく働くなら自分の時間を単純な作業でお金に変えるのではなく、価値のあるスキルや経験を得たいですよね。

大学4年間という時間は社会人への準備期間です。社会人として約40年間働くことになるので

短期的な収入ではなく、長い目で見た時に役に立つアルバイトを選んでもいいのではないでしょうか?

大学生のうちにスキルアップができるアルバイトをすることで、特徴的な3つのメリットを紹介します。

々な年代の人たちと関わることができる

学校だと年代の近い交友関係が構築されると思います。

しかしアルバイトをすることによって、様々な年代の人たちと必然的に関わり合うことが出来ます。

社会人になると同じ職場の社員さんやお客様は様々な年代の人たちになります。

ですので学生のうちに関わりの幅を広げておき慣れることで、円滑に仕事をこなしたり、人間関係を良好に進めることが出来るでしょう。

また、学生のうちに様々な経験談やアドバイスを受けることは気付くことのできなかったことに気付くことができ、視野を大きく広げるきっかけにもなります。

就職活動が有利になり楽しくなる

アルバイトとはいえ社会人と同じような仕事を経験することもできます。

面接時に学生の感覚ではなく社会人に近い感覚で話すことができるので、好印象をもたれます。

飲食店などのほとんどの学生がしているアルバイトとは異なり、他の学生があまりしていないような経験をすることによって、就職活動時の「学生時代に頑張ったこと」や「自己PR」などで差別化ができ就職活動を有利に進めることができます。

新卒一年目から圧倒的なリードができる

営業経験や実務ベースのアルバイトの経験は社会人になってから役に立ちます。

実は大卒で営業職になる割合が多いのは、文系の学生です。その割合は、7割を占めているようです。そのため学生時代に営業のアルバイトをしておくことは新卒一年目から大きくリードすることができます。

営業のアルバイトは「他の人と差がつくおすすめのアルバイト5選」でも詳しく説明しているので、読んでみてください。

本来、新卒は入社時からスタートが始まることが大半ですが、実際にアルバイトで大学生時代に経験しておくことで、良いスタートを切ることができるでしょう。

他の人と差がつくおすすめのアルバイト5選

 ではさっそく、学生が社会人になる前にやっておいたほうがいいスキルアップができるアルバイトを紹介しておきます。

気になるアルバイトがあれば、一度挑戦してみてもいいのではないでしょうか?

事務系のバイト

事務系のアルバイトは仕事内容としては、データ入力やデータ管理、電話対応などが挙げられます。

パソコンを扱う仕事になるので、パソコンの全般的な知識や使い方、データ入力によく使われるExcelなどの知識が身につきます。

普段の大学の授業で、パソコンを使ったりエクセルを使う方は理系の人以外は少ないと思います。

データ入力やデータ管理は社会人になっての基礎知識・基礎能力になるので、大学生のうちに習得しておけば、周りとの差をつけることができるでしょう。

イベントスタッフ

イベントスタッフと言っても、さまざまな業務があります。

最大の魅力としては、コンサート会場やスタジアムの雰囲気を感じることが出来ることです。

また、イベントには大きいイベントと小さいイベントがあるためやりがいを感じる瞬間は違い、それも魅力のひとつです。

何かを達成する喜びや感動を感じながら働くことが出来るため、一度は必ず経験するべきです。

コールセンター

コールセンターはデスクワークにもかかわらず高時給の募集が多い人気のバイトです。現在のコロナ禍においても対人での対応がないので、安心してアルバイトに集中できますね。

コールセンターは大きく2種類に分けられます。

お客様からかかってきた電話を受ける「インバウンド」と自分からお客様にかける「アウトバウンド」に分かれます。

インバウンドでは、お客様サポートセンターの電話受付で、商品のお問合せや使い方の説明などを行うものです。電話越しに人と接する仕事ではありますが、マニュアルが完備されていることがほとんどなので、明るさや感じよさよりも、正確さが必要です。相手の話をよく聞く力や電話での対応力が身につきます。

アウトバウンドでは、会社が用意したリストをもとに電話をかけ、商品やサービスの売り込みなどを行います。こちらは商品やサービスの良さを伝え、商品を購入または申し込んでもらうことが目的のため、営業の経験やトークスキルが身につきます。

会社によっては成績に応じて賞与や時給UPがある場合もあるので、やりがいを感じられるアルバイトですね。

ホテルスタッフ、結婚式場での接客

どのようなホテル働くかによって環境が大きく変わります。

皆が知っているような一流のホテルの場合は、対応や研修、給料などもしっかりしている場合が多いです。

一流のホテルなどは、求められるスキルが多いです。高い接客スキルや、礼儀作法や言葉遣いなど社会人になってからも必要なスキルが身につきます。

都市の中心のホテルであれば、外国人観光客が多いところもあります。英語が話せる人の求人は更に時給が上がるため稼ぐこともできます。実践的な英語力を身に着けたい大学生にとっては最高の環境かもしれません。

営業バイト

営業のバイトは社会人になった際に経験しておくと一番役に立つスキルが身に付くアルバイトです。学生のうちから営業のアルバイトをするのは、仕事内容をしっかり理解できる最高の体験になります。この体験が、理想と現実のギャップを埋めてくれます。

大学文系の学生の7割は営業職に就くことになります。営業を大学生のうちに経験しておくと社会人になった時に有利に働くのは明らかです。

会社に応じて、商材や営業対象者、営業スタイル、給料形態は異なりますが、営業ということには変わりありません。

営業バイトの経験は、就職活動における自己PRの材料として使うことができます。そのため、バイトで得た経験をアピールすることで、選考を有利に進められるというメリットもあるでしょう。

また、営業のインターンをしている会社もあり、実際に社会人と現場に出て営業をする機会は普通のアルバイトでは経験できないことです。また、職場によっては『完全歩合制』を採用するところもあるでしょう。成果を上げるほど稼ぐことができるので、魅力的ですね。

Spinning Japanでは営業インターン生を募集しているので、気になる方は是非ご連絡ください。

まとめ

大学生におすすめのスキルが身に付くアルバイトを紹介しましたが、上記のアルバイト以外でも、自分で考え行動ができれば、スキルを身につけることができます。あくまで身につきやすい環境であって何もしなくて得られる者ではありません。スキルがつくかどうかは自分次第です。

ただ、環境に依存してしまう人が大半ですので、大学生のうちに一度挑戦的な環境に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

まだ知らない自分の可能性を見つけましょう!

関連記事一覧