Twitter拡散

フォロワーは増やさなくてもいい?効率的に拡散するTwitterの運営方法

現在世の中は情報とモノで溢れかえっています。

その中で取捨選択をすることはとても難しいことです。

では、より正確な情報やより良いモノを得るためにはどう連ればいいのでしょうか?

ここで重要になってくるのは「人」です。

どのような人が発信している情報なのか。

どのような人がおすすめしているモノなのか。

情報やモノの価値が「人」に変わってっきているようにSNS上でも同じようなことが起きています。

ですので、フォロワー数を増やせばいいという考えだけでは遅れをとってしまうでしょう。

Twitterでやりがちな失敗

Twitterでやりがちな失敗

Twitterを利用していてなかなか思ったような反応が得られなかった経験があると思います。

そこには必ず原因があり、その反応は必然的です。

ターゲットが定まっていない

発信をしてもそれが誰にも届かなければ、発信していないことと同じです。

何も考えずに投稿をしたろころで、フォローをしてくれるユーザーは身内の人々が大部分を占めるでしょう。

どのような人に向けて発信しているのかさえ定まっていれば、あなたの発信は確実にその層に届くと思います。

ただやり方を真似する

自分が魅力を感じるアカウントは必ず存在すると思います。

「自分もこんな風に発信したい!」という思いが強すぎるが故に、同じような投稿を繰り返してしまうと個性を失ってしまうでしょう。

さまざまな経験を経て、自分らしさが確立され、それがアカウントの特徴となってあらわれます。

ですので、まずは自分と向き合うことから始るべきです。

フォロワーを増やすことに執着しすぎる

最初は自分らしく投稿できていたとしても、フォロワーが徐々に増えてくると自分らしさを失ってしまうことがあります。

フォロワーはその人らしさに魅力を感じてフォローをするため、フォロワーを増やすために投稿してしまうとその人らしさが失われてしまい、逆にフォロワーを減らしてしまうことになります。

大事なことはフォロワーが自分の何に魅力を感じてくれているのか理解し、継続して取り組むことです。

効率的な運営方法

効率的な運営方法

従来の運営方法でTwitterを利用していても、望むような反応を得られなくなっています。

これは、ユーザー数が増え同じような情報発信をおこなっていることが原因でしょう。

そんな中でこれからの運営方法として効率的な取り組みをここではご紹介します。

目的を明確にする

まず初めになぜTwitterをするのか目的を明確にするべきです。

目的が定まっていないと投稿内容に一貫性がうまれず、何をユーザーに伝えたいアカウントなのか分からなくなってしまいます。

効率的かつ効果的な投稿を継続するためにも、目的を明確にして届けたい情報やモノを届けたい人々に向けて発信するべきです。

正しいハッシュタグを使う

ハッシュダグとは、フォローはされていなくてもそのハッシュタグの言葉に関心のあるユーザーに投稿を届ける効果があります。

ハッシュタグには人気ハッシュタグというものが存在し、より多くの人に投稿を届けることが可能です。

しかしそれを使いすぎると運営目的とは関係のないユーザーが流入してしまうため、ハッシュタグを活用する際は投稿内容に付随した言葉を選ばなければなりません。

そうすることでハッシュタグ検索をした新規ユーザーに対して確実な情報なモノを届けることができます。

インフルエンサーに絡む

インフルエンサーは多数のフォロワーを抱えています。

そしてそのフォロワーのほとんどはファン化していてインフルエンサーの投稿に対して敏感に反応します。

もし自分の目的と一致しているインフルエンサーや投稿があった際は、積極的に共感していることを伝え、より多くのユーザーの目に触れるようにしましょう。

ファンは仲間意識が高いため、高い確率で自身の投稿にも共感を示してくれるでしょう。

自己実現主体の投稿にする

SNSの普及により多くの人がSNSを利用しているのが現状です。

そんな中で承認欲求を満たすことがベースの投稿は目的がより多くのユーザーから反応してもらうことになり、偽りの生活の発信になってしまいます。

こうなると発信している側はどこかのタイミングで疲れてくるでしょう。

ですので自己実現主体の前向きな投稿により、本当の自分を発信し、その自分に対して反応してくれるファンのようなユーザーとつながるべきです。

フォロワーがあまり多くなかったとしても、このファンのようなユーザーはアクティブに反応してくれるため拡散力のある強い味方になります。

他のアプリと連携する

より効率的にTwitterの運営をするためには、他のアプリを利用して知ってもらう機会を広げることも必要です。

しかし、ただ他のアプリを利用するのではなく運営目的に沿ったユーザーに届けることが大事になります。

そこでおすすめなアプリが「Spinning」です。

Spinningとは、3人以上を定義して形成されるコミュニティ同士のつながりを手助けするアプリで、同じ関心軸や目的を持ったメンバーで構成されます。

ですので、自分の運用目的と類似するようなコミュニティに所属し活用することで、確実に共感してもらえるフォロワーを獲得することができます。

さまざまなユーザーがいる場所に対して発信するよりも、関心軸や目的がはっきりしている場所に対して発信した方がいいことは容易に理解できるでしょう。

まとめ

フォロワーはただ増やすということから、どのような人を増やすのかという方向に転換しています。

そのことに少しでも早く気付き、効率的で効果的な運用方法を選択すると確かな手応えを感じながらTwitterを利用できるでしょう。

自分の発信している内容に共感してくれる人は必ずいます。

あとはその発信を共感してくれる人に確実に届けるだけです。

そのための方法はお伝えしておりますので、あとは実践をして効果を感じてください。

 

関連記事一覧