Instagram_コミュニティ

Instagramでフォロワーを増やす方法7選!!

若者に浸透しているInstagramの国内月間アクティブアカウント数は、3,300万を突破しています。

20代

「フォロワーが少ないな…」

「フォロワーってどうやって増やしたらいいんだろうか…」

こんなことを思いながら、解決しないままになってはいませんか?

まずはしっかりとInstagramの特徴を捉えなければなりません。

今回は、その特徴を踏まえた上でどのようにしてフォロワーを増やしていくのかお伝えします。

読み終えた後には、確かな手応えを感じながらフォロワーを増やせるようになっていると思います。

Instagramの特徴

さまざまなSNSが普及している現在、利用者によってその使い方は開拓されてきました。

しかし、その使い方が本当にそのSNSを使用する上で効果的なものなのかまで考えて使用している人は少ないと思います。

ではInstagramがどのような特徴を持っているにおかここで紹介していきたいと思います。

知れば知るほど楽しく使用することができると思います。

画像・動画での投稿

インスタグラム最大の特徴といえば、画像・動画での投稿が必須であるということです。

文章を添えての投稿もできるが文章が長くなると「もっと見る」ボタンをタップしないと続きが見れないほど、画像・動画での投稿に特化しております。

ひとつひとつの投稿のビジュアルで個性を出したり、自分のプロフィール欄に連なっている投稿の全体としてのビジュアルで個性を出したりできるため、他のユーザーとの差別化は容易にできます。

また、写真や動画を加工して投稿することもできるため、ひとつの画像・動画をとっても自分らしさを表現できるようになっているのです。

拡散力が低い

Instagramは他のSNSと比べると拡散力が低いです。

その理由としては以下の2点があげられます。

・シェアをする拡散機能がない

・タイムライン上にフォロー相手以外は表示されない

しかし捉え方を変えれば、届けたい人には確実に届くということ、知りたい人の情報が意図しない他の情報によって埋もれないことが分かります。

この点から、自分のフォロワーは本当に自分のことを必要としていることが分かり、フォロワーの質の高さがうかがえます。

ユーザーの半数が10~20代

「インスタ映え」という文化が普及し耳馴染みの言葉となったのは、ユーザー層が若者中心であることが一番の要因と言えるでしょう。

この文化の影響から、飲食店やファッションブランドなどがビジュアルの重視をはかっているほど若者の影響力は大きいです。

前述で機能面での拡散力が低いことを特徴としてあげたが、SNSをアクティブに活用する若者からの絶大な支持がその周りのユーザーを巻き込むことで、拡散機能を担っていると言っても過言ではありません。

フォロワーを増やす方法7選

自分が魅力的に感じたものや共感して欲しいと感じたものを多くの人に届けられずに悩んでいる人はたくさんいると思います。

その原因は、魅力に感じているものや共感して欲しいと感じているもの自体にほとんどありません。

ここでは、確実に多くに人に自分の発信を届け、フォロワーを獲得する方法をお伝えします。

簡単なのに実際には取り組めていなかったことがたくさん見つかるでしょう!

正しいハッシュタグを使う

拡散機能がない分、正しいハッシュタグを使って検索された際に表示される工夫をする必要があります。

ハッシュタグには「人気ハッシュタグ」と言って、いいね!や新しいフォロワーの獲得をもたらすものがあります。

しかし、人気ハッシュタグを意識しすぎて投稿とは関係のないハッシュタグを使ってしまうと、狙っているターゲット層からのいいね!や新しいフォロワーの流入にはつながらず、短期的な効果しか得られません。

そこで投稿内容も踏まえた正しいハッシュタグの選定により、長期的に関わってくれそうなユーザーに対して情報発信をすると確実に成果は出るでしょう。

投稿に一貫性を持たせる

自分が新しくフォローする人がどのような人なのか振り返ってみてください。

おそらくその多くは、どのようなアカウントなのか一目瞭然だったと思います。

アカウントの目的が明確でなければ、各ユーザーにとって必要なのかどうか判断することができません。

こうなってしまっては、フォローを新たにすることはほとんどないと思います。

そうならないためにも一貫性をもって、どのようなアカウントなのか確立させましょう。

一貫性といっても、画像や動画のビジュアル的な部分だけではなく、文体や口調などのこだわるとよりいいかと思います。

定期的に投稿をする

特にフォロワーが少ない時や安定してフォロワーを増やせていない時は、露出を増やし、興味を持ってくれるユーザーとの接触回数を増やす必要があります。

また、ユーザーがアカウントを新しくフォローする理由のひとつに「継続的に情報収集でき

る」ということも含まれているためフォロワーを増やす上で必要不可欠な取り組みです。

しかし、連続投稿をし続けるとしつこい印象を与えてしまうことにつながりかねないため適度な頻度での定期的な投稿が望まれます。

1~3日に1回、写真か動画の投稿ペースが最適だと思われます。

これは一度フォローしてくれた人の離脱率を抑えると言った意味でも効果を発揮します。

投稿に位置情報を載せる

投稿に位置情報をに載せておくと、同じ場所に興味を持ったユーザーが自分の投稿を閲覧してくれる可能性があります。

これはハッシュタグを利用することと同じような効果が見込まれるため、効果的な取り組みのひとつと言え、ハッシュタグと併用するとより良いでしょう。

しかしここで気をつけなければならないことは、位置情報機能は自分の居場所を公にしているため、利用頻度や利用場所には細心の注意が必要です。

利用する目的さえ明確にしていれば、自らトラブルに巻き込まれるきっかけをつくることはないと思います。

ストーリーズをハイライトにまとめる

これはフォロワーを増やす上で非常に効果的な機能です。

どのSNSもそうですが投稿を重ねていくと、過去の投稿がどんどん埋もれていってしまいます。

どんなに魅力的な投稿をしたとしても、閲覧されなければその投稿の魅力が伝わることはありません。

そこでハイライト機能を使い、過去の投稿をジャンル別にまとめて置くことで新しいユーザーがアカウントを訪れた際に自分のアカウントの魅力を伝えられると思います。

しかし、ハイライトにはストーリーズ投稿のみまとめることができないため、フィード投稿をハイライトとして残しておきたい場合は、ストーリーズにフィード投稿を埋め込んでだ状態で投稿する必要があるので、気をつけておきましょう。

リール機能を活用する

リール機能とは、15~30秒のショートムービーを投稿・視聴できる機能です。

15~30秒という短い時間なため、隙間時間に視聴できる手軽さが人気の理由となっており、「発見タブ」に表示されフォロワー以外のユーザーに視聴してもらえることがあります。

動画内の音楽や映像を簡単に編集でき、オリジナリティを表現できるため、アカウントのブランディングやイメージアップにつながる効果があり、使わない手はないと言えるでしょう。

また、トレンドの音楽や映像に合わせて投稿することで、認知度を拡大することもでき、使い方を理解すれば新規フォロワー獲得に大きく貢献してくれると思います。

ユーザーとコミュニケーションをとる

フォローをしてくれているユーザーとのコミュニケーションはもちろんのこと、同じような目的でアカウントを運用しているユーザーや同じハッシュタグを利用しているユーザーとも積極的にコミュニケーションをとるといいでしょう。

他のユーザーからのいいね!やフォローを待っているだけではなく、自分が興味のある投稿にいいね!をしたり、気になったユーザーをフォローしたりすることも大切です。

ここでのコミュニケーションをお互いにとってスムーズかつ確実に行うために活用できるアプリがあります。

それは「Spinning」というアプリです。

これは同じ興味や関心軸で形成されるコミュニティ同士でつながることのできるアプリになります。

ですので自分のアカウントを共有した際に共感を得られる可能性が高く、効果的にフォローワーを増やすことが出来るでしょう。

まとめ

今回はInstagramの特徴とフォロワーの増やし方についてお伝えしました。

ここで紹介した特徴を理解し、実際に試してみることで気付くことが出てくると思います。

そういった経験を積みながら、継続して取り組むことが大事です。

しかしただ継続していても結果は出ませんので、しっかりと目的を持った上で継続して取り組んでください。

目的さえ見失わなければ、必ず望んでいる結果はついてきますので、どこかで悩んだ時や迷った時は見つめ直してみてると解決の糸口はあると思います。

焦らずコツコツと積み上げていきましょう!

関連記事一覧